>

機能性とデザイン性を重要視する

この記事をシェアする

ピッタリのサイズがオシャレに見える

昔は大きいサイズのアウターを着るのがオシャレだと言われていましたが、今は異なります。
身体に合っているサイズのアウターを着た方がオシャレで、人の目を惹くことができます。
試着をすれば、身体に合うか判断できます。
またあまりにも緩いアウターを着ていると、隙間が生まれます。
隙間から雪が侵入してくるので、寒い思いをするでしょう。

防寒対策のためにもアウターを着用するので、雪が入りにくいデザインのものを選択してください。
特に、腕に隙間が生まれやすいです。
手袋でアウターを覆うと、隙間を埋めることができます。
アウターだけでなく、手袋のデザインにも注目したいですね。
アウターと別のカラーにすればメリハリが出て、オシャレに見えます。

きつくならないように気をつける

身体にピッタリ合うサイズが良いと思って、きついと感じるサイズを選択する人がいます。
ですが、動きにくいと感じるアウターは選択しないでください。
ウィンタースポーツをしている時に、ケガをする危険性があります。
試着をして歩きやすいか、しゃがむことができるかチェックしてください。
そのような基本的な動作がきついと感じたら、購入を控えてください。

デザインが良くても、機能性は悪いアウターはやめましょう。
ゲレンデで転んでいると、かっこ悪い姿を他の人に見せることになります。
身体にフィットしつつも動きやすいアウターを着用していれば大丈夫なので、サイズ感をしっかり確かめてください。
デザイン性と動きやすさは同じぐらい重要です。